スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自責の念

はなの死因って・・・なんだったんだろう



08.04.20Aシティ公園散歩 (68b)(08.04.20Aシティ公園からの帰りの車のサイドミラーに映ったはな~♪)



フェレットに限らず、身内やペットの死を迎えた後に残るもの
殆どの場合・・・少なからず「疑問」や「後悔」も残ってしまいます

はなの場合、長寿で介護もなく、前日まで思う存分動けて食べれて
最期もそれほど苦しむ事なく、家族に見守られて・・・
私から見て、はなにとっては最高の死(そんなのがあるのか)だったと思う


それでも、死因はなんだったんだろう
前日までしっかり食べてたから、体力は十分あったはず

昨年、病院からは「肝臓に何かあるから・・・年明けにはダメかも」と確かに言われた
だから、本当にそうだった訳だけど


でも、かすかによぎる自責の念
前日にきゅうりを食べてた・・・しかもラップに包んであったのを
数日前、消化の悪いタケノコを食べた・・・
腸閉塞だったのか? 
でも、便も出たし、1日ってのは・・・

薬を続けて飲ませていれば・・・もっと長生き出来たのではないか・・・
でも、先生も「処置は出来ない」って言われてた

口の中の腫れ物が・・・潰れたか何か影響があったのか?
その日は最期に小さく声が漏れた時しか口を開けなかった

鬼の面をかぶせたのがいけなかったのか・・・
それはありえない( ̄∇ ̄;)



あまりに最近元気だったので・・・
本当にありえない程元気だったので・・・
よく食べたし、主人におやつをしつこくねだったり
私の所に来て、ご飯の催促をしたり・・・
部屋のドアを開けると、つぼみと共に慌てて遊んだり・・・
私が買い物袋を提げて帰って来ると、一度ドアの外に出るんだけど
いつもの様にすぐ戻って来て、買い物袋のチェックをしてたし・・・


前回食欲もなくて、私がはなの死を覚悟して
後日元気になったのは
はなの人生の最期だったからなのか


色んな想いが頭をよぎる
でも、そんな想いを心に入り込まない様にしてる自分がいる


もし、死をまぬがれたとしても、これからの老後に必ず病気が伴っただろうし
はなにとって、これ以上の幸せはなかったんだと思う様にしてる
その日は土曜日で私も居たし
次の日はとても天気いい日曜日で、家族皆で見送りまで出来たし


他のフェレ飼いさまからみたら・・・
多分うらやましがられる程の最期だったのではないかと自分で勝手に思う程に
そんな私でも、自責の念があるのだから・・・
他の方々の辛さは

もちろん私もまだつぼみもいる
そして、多分他の子のお迎えもすると思う
その子達もいつかは見送らなければいけない

きっと・・・今以上の自責の念に囚われるだろう



でも、先の事は考えず
最期の元気は、はなからのプレゼントと受け止めて・・・


それでも・・・まだ悲しみや寂しさよりも、そんな想いに囚われているようです

こんな事考えてたら、はなが悲しむね。。。
はな~もうそんな事考えないからね
今日だけ許してね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tama

最近のコメント
最近の記事
リンク
カテゴリー
グリムス
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

きらきら~☆
参加
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。